ペットや園芸(草花、多肉、エアープランツ)、アニメ、塗り絵その他いろいろです☆(管理人・織緒☆タイバニの二次創作にはボーイズラブの要素がありますのでご注意下さい。)  
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/13 神田宏美]
[07/10 神田宏美]
[07/09 神田宏美]
[07/02 神田宏美]
[06/26 神田宏美]
[06/23 神田宏美]
[06/20 神田宏美]
[06/18 神田宏美]
[06/18 神田宏美]
[06/11 神田宏美]
カウンター
ブログ内検索
ニコッとタウン
忍者アナライズ
保冷バッグに、保冷剤代わりに凍ったペットボトル入れて。
ガリガリ君とかパルムとか♪

ところで、萩尾望都先生の初期の短編集を久々に
読んだんですけど、「ポーチで少女が子犬と」って
こんな怖い話だっけ…?昔、少女コミックで何週か
萩尾先生のデビュー当時の作品を再録する企画があって、
たぶんそれで読んだんじゃないかと思うけど、
やっぱり当時は私も小さくて理解できなかったのかな。
「ケネスおじさんとふたご」や「ルルとミミ」、
「花嫁をひろった男」なんかは昔とあまり印象が
変わらないけど。(「ケネスおじさんとふたご」、すっごく
好きだった!!)
PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
神田宏美
私も、その企画で萩尾旧作品を一気読みしましたが
やっぱり、ポーチは当時は理解出来てませんでした。
後年、SFマンガ大全集に再録されたのを読んだ頃には理解出来ました。
そこで「あそび玉」も読んだのですが、その当時から萩尾先生のSFマンガには苦手意識がありますね。

こんな話だったっけ?と言えば、私も最近、池田理代子先生の「桜京」を読んだんです。
うちの妹の首にはアザがあって、それにまつわる話を叔母がするもので、叔母に読ませたくて探しました。
当時は友人から借りた雑誌で読んでいたので、まとめて読むのは初めて。
覚えてないところや読んでないところが多々ありましたが、読みながら思ったのが

「これって…ふたり鷹?」

いえ、こっちの方がはるかに古いんですけど。
それで、ふたり鷹も久々に引っ張り出して読みました。
読めば読むほど桜京でした(笑)
忘れかけた頃に何度でもやって来る桜京。

鷹&緋紗子→京&夏子
明美→勝子
ひとみ&継母→パット&母
パットは京ちゃんの要素もありましたね。
ぜんぜん気がつかなかった。
2019/06/06[Thu] 02:05:43 :EDIT:
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[7151] [7150] [7149] [7148] [7147] [7146] [7145] [7144] [7143] [7142] [7141]

Copyright c 花響(はなゆら)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]