ペットや園芸(草花、多肉、エアープランツ)、アニメ、塗り絵その他いろいろです☆(管理人・織緒☆タイバニの二次創作にはボーイズラブの要素がありますのでご注意下さい。)  
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/14 神田宏美]
[12/12 神田宏美]
[11/28 神田宏美]
[11/28 神田宏美]
[11/26 神田宏美]
[11/23 神田宏美]
[11/22 神田宏美]
[11/12 神田宏美]
[11/12 神田宏美]
[11/06 神田宏美]
カウンター
ブログ内検索
広告
ニコッとタウン
忍者アナライズ
短い怪談集です。読者から寄せられた体験談が
元になってるということなので本当に体験した人が
いるのかまるっきりの創作を小野さんに寄せたのかが
わからないんだけど、まあ、そこを追求するのは
野暮というものでしょうねー。(実際読んでみると
最近の恐怖映像の影響をうけてるなーってのもあるんだよな)
あ、怖い話ばかりじゃないです。「不評」っていう話なんて
むしろギャグだよね(笑)それだけにホントっぽいんだけど。

拍手

PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いじらないで欲しかった
神田宏美
小野さんの作品は近年はひたすら「十二国記」待ちなので、ほとんど読んではいないのですが
大人(一般)向けのホラーよりもティーン向けに書いていた初期の作品のほうが怖かったと思います。
コバルト文庫(だったかな)時代の「ゴーストハントシリーズ」なんか、ポップで可愛いイラストに騙されて、電気を消して寢るのが怖かった過去があります。
「コソリがくるよ」のセリフは完全にトラウマもの。
それが何なのか全くわからないのに、背後に何かいる気になって振り返れなかったり(笑)
小野さんの初期の作品は「ホラー」などと仰々しく煽る必要がないくらいナチュラルに怖かった。
それらの作品は、売れてから改稿したり改題したりで、そのナチュラルな怖さが台無しになってしまったのが残念。
過去作は過去作として、そのままにしておいて欲しかったな。

それよりも早く「十二国記」…とは思うのですが、今の小野さんの文章で昔のように萌えられるかが不安でもあります。
2017/08/18[Fri] 22:01:13 :EDIT:
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[6208] [6207] [6206] [6205] [6204] [6203] [6202] [6201] [6200] [6199] [6198]

Copyright c 花響(はなゆら)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]